今日の独り言。自分軸って

自分軸、他人軸ってよく目にするけれど、どういう事なのか。。。

調べてみたけど、よくわからなかった。自分軸って一方通行な印象をうけてしまいました。きっと私の理解が足りないのでしょう。

※注意※ 以下、よくわからないまま考えている個人的なつぶやきです。

スポンサーリンク

調べた中で2つの具体例

例えば1。

子どものためを思って・・・進学先を決めるにあたり助言する。
子どもは別の人格。子どもが別の進路を希望していたとしても親のアドバイスに従ってしまう。
これは親が子どもをコントロールしているということ。
この場合、親が自己中心的で、子どもが他人軸になっていると見るんだって。

例えば2。

家族や友人にプレゼントをする。相手に喜んでもらいたいから。
しかし後日、思っていたような反応が相手から返されなかったとする。自分はどう感じるのか。何とも思わない?つらい?

何とも思わなくて、ただ幸せだけを感じていたら問題ないけれども。
落ち込んだり、不愉快になったりする場合・・・
これは他人軸になっている証拠なんだって。要は、相手からの評価を以て自分のことを評価しているから…だとか。

なかなか難しいですーーー!

スポンサーリンク

具体例を考えてみた

どうなんだろう。一つ目の例えばの場合。
子どものためを思って、親がアドバイスするのは当然だと思うけれど、
この、子どものためを思って自分の意見に「従わせること」がいけない事なのかな。
まあ、必ず従いなさい!ってことはなかなか無いと思いますけど。
この場合、子どもが他人軸になっているらしく、、、この辺りの理解が難しい。
アドバイスを聞くのは大切なことだと思うんだけど。
聞いたうえで、本人自身が決めれば自分軸なので良い!ということなのかな。でもたいていは、親の意見に傾きやすくならない?わからないけど。

もう一つの例えばの場合。

家族や友人に喜んでほしくて、ご馳走したりプレゼントしたりする。
(その後、相手の反応がなくて怒ることは無いにしても、)
やはり相手からの良い反応、喜んでくれたり、ありがとうを期待してしまうのは、普通の感情だと思う。けれど、相手の評価に期待しているから自分軸ではないんだとか!?・・・
相手の喜ぶ顔が見たくて、何かしらやるのはいいけれども、相手の良い反応を期待して、幸せを感じるのは自分軸ではない、相手からの評価で自分の心が動いているので、他人軸。
自分がやること自体に幸せ感じるのが自分軸?

結局、、よく分からない。笑。

でも、このような考え方ができるようになれば、幸せを感じやすく生きやすくなるのかな?スピリチュアル系の方が言う「周波数を上げる」に繋がるのかな。

はい。今日の独り言はおしまい。笑。

0