願望実現・タイムラグ 信じきれない私の解釈方法

2月14日。2月と聞くだけでまだまだ寒~い真冬な感じですが、
暖かいですね?
暖冬でもちょっと不気味なくらいの暖かさ
過ごしやすくて良いのですが…


さて。

時々気になる「スピリチュアル」系の話。
私はスピ系の話について、興味深々。しかし、
信じる⇔何だかいまいち腑に落ちない
と行ったり来たりしています。
宇宙の法則・周波数・願いは叶う(願望実現)・タイムラグなどなど。。。
私には難しい話ばかりです。
その中で願いは叶うについて。

スポンサーリンク

願望実現、信じて願えば願いは叶う

聞いているだけでとても幸せになれそうな言葉。でも不思議で信じきれない。
今私は、あ~でもない・こ~でもないと考えを巡らせている最中です。
今日はこの部分について考えたことを書いてみたいと思います。
※個人の考えです。

願いを放つこと

願うだけで叶うなんて、あるわけない!と思う私が、納得した考え方。

よく言われているのは、

こういう未来にしたい!ではダメ。●●したい、●●が欲しい、●●になりたい
これらは全てまだ叶っていない心の状態なので、こういう願い方はいけない。

〇〇できた、〇〇が手に入っている、〇〇になれた
これらは全て叶った状態。
こういう願い方が良い。叶っている自分になりきってしまう事が大切。


そうなった状態の心で居ること。これがポイント。

しかし、私はどうしても、願うだけでは叶わないような気がしてしまうんです^^;スピリチュアルの人の話のこれだけでは、半信半疑。
ですので、自分が納得できるような解釈を考えてみました。その結果(笑)
→これは、自分の潜在意識を変えていく手段なのかな?と思ったわけです。


潜在意識を変えていくことで、自分も変わっていくんじゃないだろうか…
こうなりたい!という願望ではなく、できた!という心の状態になりきることで、
潜在意識に働きかけて、未来が変わっていきやすくなるのかな?と思いました。
だから、叶った状態の自分の心になりきると良いと言われるのだと思います。
(わかりにくい書き方ですね^^)

自分が気付かないところで、思考癖が変わっていき、無意識のうちに行動も変わる?

タイムラグについて

願いを放っても、叶うまでには時間がかかるので、常に叶った状態の気持ちでいましょう!
という、叶うまでの時間をスピリチュアルではタイムラグと表現されていますね!?

叶った状態の自分を想像して(なりきって)過ごすことによって、潜在意識を変えて、無意識の行動を変えていく。
潜在意識ってそんなに簡単に変わるものではないですよねぇ…
自覚できない領域だと言われていますし、顕在意識はほんの氷山の一角であるともいわれていますよね。

ですので、
潜在意識を変えて自分の行動や考え方が変わっていくまでには時間がかかり
そして実際に、現実が変わってくるのにはさらに時間がかかる。
その過程に必要な時間が、タイムラグと言われているものではないのかなと思いました…

スポンサーリンク

自分なりの解釈

信じて願えばその願いは叶う・願望実現する
とだけ聞くと、
スピリチュアルな話であってなかなか真実味がないな…と思えるのですが、これが、
潜在意識を変えて願いに近付くための手段の一つだと言われれば、
スピリチュアルでいうタイムラグ・願いは叶う・願望実現というのは、あながち間違っていないのではないかと思えるようになりました。
自分の潜在意識を変えるための、分かりやすい方法、言い方なのでしょうか。

【叶った状態の心でいる】
→【潜在意識が変わっていく】
→【現実が変わるのに時間がかかる】
→【願いが叶う】
ことだと思いました^^

まだまだ理解できない事が多いです。
神さまが叶えてくれる?とか、宇宙の法則?
などです。
このあたりは本当のスピリチュアルなのでしょうか~…
また、ひとつひとつ、時々考えてみたいと思います^^

※全て個人の考えです。

.

.

.

ハッピーバレンタイン♪